人気ブログランキング |

吊り灯籠による先祖供養

赤不動明王院本堂に、貴方の家専用の特等席が出来ます。
それが吊り灯籠です。

e0392772_14181141.jpg

一度灯籠をご購入になると、その灯籠には〇〇家さまという木札が取り付けられます。
それは、人間の家になぞらえると門札のようなもの。
あなたのお家のご供養をするためだけの灯籠です。

いつもご本尊さまや赤不動明王院にご縁ある仏さまたちからのお護りを頂きませんか?

e0392772_14185304.jpg

赤不動明王院の本堂天井に安置する吊り灯籠です。

先祖供養法

昔から、千燈、満燈供養が一般に知られて居りますが、此れは脚元を照らすの意であります。
先祖の脚元を明るく照らす事は、自らの脚元を照らす事に繋がるのです。

当院では、入手困難な吊り灯籠を本堂の天井に安置して皆様のご先祖様を御供養申し上げます。
“一家に一灯”を目指し灯籠を安置して参ります。


当院の灯籠は、仏壇に入れる灯籠ではありません。
千燈、満燈供養に使うものであります。

尚、今回お申し込み頂いた方には、祈願蝋燭を返礼品として郵送させて頂きます。

大変、高価な蝋燭ですから、必ずやご満足頂ける事と考えます。
師僧

e0392772_14194111.jpg

開くと、このようになっております。
繊細な灯りが漏れて美しいことでしょう。

e0392772_14202909.jpg

吊り灯籠は下から見上げます。
美しい細工が施された灯籠の底面です。

e0392772_14210128.jpg

底面アップ画像です。

e0392772_14213743.jpg

e0392772_14214016.jpg
先祖供養法をお申込みの方へ、返礼品としてご自宅へお送りする蝋燭です。

こちらに願意「病気平癒・合格祈願・良縁祈願・安産祈願・商売繁盛・家業繁栄・〇〇家先祖代々供養」等、もしくは般若心経の写経をして、赤不動明王院へご返送ください。
本堂で燃え尽きるまで灯りをともします。
蝋燭が燃え切るまでの間、ずっとご仏徳を頂けることでしょう。

ご自宅、あるいは自坊を構えていらっしゃる方は、ご本堂で灯して頂いても構いません。

先祖供養法(返礼用蝋燭付き)54,000円

・お申込みの方へ返礼品として祈願蝋燭を郵送いたします。
蝋燭へ願意(病気平癒・合格祈願・良縁祈願・安産祈願・商売繁盛・家業繁栄・〇〇家先祖代々供養)を書いて赤不動明王院へご返送ください。
特に願意のない方は、般若心経の写経でも良いかと存じます。

・ご事情があって蝋燭の受け取りが難しい方は、コメント欄に「蝋燭の発送不要」という事と、合わせて願意をご記入ください。

お申込みは赤不動明王院オーダーフォームよりお願い致します


御先祖さまへのご供養に、ぜひ吊り灯籠をお申込みください。
# by jiryu1109 | 2019-05-19 15:00 | ├赤不動明王院メニュー

密教1107 沈黙の罪

過去現在において、事件事故の真相が明らかになる事が少ないのは何故か?
人間は、自分に不利になる事を隠したがるからである。

しかし、其れは逆である。
何故逆かと言えば、隠したがる者は、この世が全てと勘違いして居るから黙り黙するのである。
無実なら、最後まで無実を貫き通せば良い!
この身が切られようと、無実を主張するべきである。
私は過去に、幾度となく手錠を掛けられた経験がある。

以下は、その時の状況である。

私はその日、仕事で帰りが遅くなり夜道を一人で歩いていた。
大きな公園に差し掛かった時、ただならぬ気配を感じ公園の中に入った。
眼を凝らすと、複数の人が一人を殴っているのが見えた。

私は仲裁するつもりで割って入った。
すると若い数人の者が、問答無用とばかりに私に襲い掛かって来た。

私は避けたが、その者達は執拗に襲い掛かって来た。
仕方なく全員を倒した時、警察官が来て私に手錠をはめた。
パトカーに乗せられ、警察署に取り調べである。
b0405001_19343411.jpg

私は全て本当の事を言ったが、信じない警察官。
何故か?
私が倒した者達が、嘘を並べていたのである。

その後、被害者が意識を取り戻した。
私がいなければ殺されて居たと証言し、【オヤジ狩り】だった事が判明した。

あの時、被害者が亡くなっていたら私は陥れられていたであろう。
しかし、真実は変わらない。

この世の罪は逃れても、その数十倍の罪を償う事になるのである!
正に沈黙の罪である。

現界は正しい者に味方するとは限らない。
しかし、人間はいつかは死にます。
その後の裁きこそ恐ろしいのである。
b0405001_19344276.jpg

全ての人に知って貰いたい。
真の裁きは死後にある事を!

南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院 院主 永作優三輝

慈竜🐲の所感

現界は正しい者に味方するとは限らない…

何とも煮えきれない事象です。

日々の勤行と結界を張り、せめて自分で出来る事で防御し、理不尽な事にあわないようにしておく事が必要だと感じました。




# by jiryu1109 | 2019-05-19 06:00 | ◎赤不動明王院便り
密教法具

今回ご紹介します独鈷杵・三鈷杵は、密教の代表的な法具です。

独鈷杵は、杭としての役割《自身の煩悩に杭を打つ》があります。
三鈷杵は、煩悩を断ち切る剣となります。

しかし、全ては阿闍梨からの相伝を必要とされます。
当院では、必要とされた方々に対し、その方の力量に合った方法を教えて居ります。

密教法具は古代インドの神々の武器でありました。《医療道具に用いられたものもあります》
後に日本人の技巧性の高さによって高められ、現在に至ります。
日本の密教法具と海外の密教法具を並べて見れば、一目瞭然としてお判り頂けると考えます。

当院では古来の伝統を護り、京都で製作した法具を安価にてお分けして居ります。
要望があれば、全ての密教法具を調達出来ます《全て本物》

昨今は外国製の法具が安価で市場に出る事がありますが、やはり粗悪な物が多く見受けられます。
素人の方が見分けるのは難しいですが、本物に触れる内に必ず良し悪しの判断が出来る様に成ります。
良い物には飽きが来ません。
この機会に、本物に触れては如何でしょうか。

赤不動明王院の独鈷杵は全て本格仕様であり、真鍮製ではありません。
本砂張、響銅とは、特別な配合を行い、強度を上げた本格法具にしか使用しません。

普通の寺院法具は、ほとんど真鍮製であります。
言わば、本砂張、響銅は、最高級の法具にしか使われて居りません。

当院の法具は、専門法具師が当院の為に誂えた本格派の法具である事を、此処にご報告申し上げます。

師僧


砂張…銅・スズ・鉛の合金。また、それを用いた仏具や種々の器物。
別名、響銅とも言う。指ではじいたり、三鈷や五鈷の矢に数珠を当てると素晴らしい音色がする。




響銅製独鈷杵
b0405001_10294101.jpg
★本砂張(響銅製)独鈷杵…(約6cm)
★赤不動明王院にて開眼供養済み
ご提供単価:23,220円(消費税及び発送料込)

★本砂張(響銅製)独鈷杵…(約15cm)
★赤不動明王院にて開眼供養済み
ご提供単価:42,660円(消費税及び発送料込)




響銅製三鈷杵

b0405001_10294129.jpg
★本砂張(響銅製)三鈷杵…(約7.5cm)
★赤不動明王院にて開眼供養済み
ご提供単価:37,800円(消費税及び発送料込)

★本砂張(響銅製)三鈷杵…(約15cm)
★赤不動明王院にて開眼供養済み
ご提供単価:54,000円(消費税及び発送料込)

★本砂張(響銅製)三鈷杵…(約16.5cm)
★赤不動明王院にて開眼供養済み
ご提供単価:59,400円(消費税及び発送料込)




*ご注意*

・法具に袋はついておりません。

・使い方等に関するご質問は、赤不動明王院へ直接ではなく、「必ず」眞澄を通してご連絡下さい。
眞澄から師僧にご連絡し、回答を得た後にお伝え致します。

・ご質問及びご回答は、赤不動明王院から法具をお迎えになった方に限ります。

・頂いたご質問全てにお答え出来るとは限りませんので、何卒ご了承下さい。

【お答えできない使用方法】
・株、投資、ギャンブルなどに関すること
・人の生き死に関すること
・チャクラ開発に関すること
・呪詛に関すること

【ご注文】
赤不動明王院オーダーフォームよりお願い致します


# by jiryu1109 | 2019-05-18 15:00 | ├仏像・法具・人型

密教1106 歓喜の声

私はこの事に関して初めて書きますが、全ては事実である。
今迄に様々な仏様を多くの方々にお授けさせて頂いて参りました。
皆さん結果に恵まれ、喜びのお便りを頂戴しております。

ある方は、奥様の癌が無くなった。
ある方は、仕事が無くて自殺を考えたが、現在はこなし切れないほど仕事に恵まれている。
全て、お迎えされた御仏とお迎えされた方々が折衷された結果である。

当院では、様々な秘仏を世に紹介すると共に、復元、製作を繰り返して参りました。
何故それが出来たかは、師僧の御指導と、御仏の思召しが有ればこそであります。

この度、新たに宇賀神尊宝珠被厨子をお授けさせて頂いて居ります。
しかし、これは数に限りがある貴重な物であり、次回はありません。
b0405001_15033781.jpg

b0405001_15034222.jpg

何故か。
被せ厨子は製作に非常に手間がかかり、安価でお授け出来るのが今回限りだからである。
現代は職人に身を置く人は極少数である。
このままゆけば、仏師も法具師その他、伝統工芸士も姿を消す時が来る。

これも時代の流れと考えます。
私は、上記の職人さんと微に入り細に入りお付き合いを欠かせない。
従って当院では、他が出来ない秘仏の復元も可能なのです。

重ねて申し上げますが、宇賀神尊宝珠被厨子は残り僅かです。


南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主 永作優三輝

慈竜🐲の所感

世の中、様々な職種の熟練工並びに職人さんが減少しています。

仏師も法具師までも…

個人的には、全部とは言いませんが物作りが衰退すると国は滅びていくと考えています。

これも、便利さ優先に考えた結果だと思われます。
良いこともありますが…。

なかなか現状を、上向きに変える施策を国が舵を切ったとしても、軌道にのるまで約20年かかると言われています。

今後どう生きて行くか、あれこれ考えたいものです。




# by jiryu1109 | 2019-05-18 06:00 | ◎赤不動明王院便り