人気ブログランキング |

密教1289 祈祷行脚

今迄に数え切れないほどの相談と祈祷をして参りましたが、多くは思い込みや不安感、他からの威圧が原因でありそれを霊的事象に結び付けてしまう場合がありますが、それだけでは無い場合も多々あります。
以下は、霊的要因が強く影響した事例である。
墓地の上に立つ家
その家は戦後に建てられた古い長屋で今で云うアパートである。
その家が建てられた頃は、戦後の混乱期で周りは焼け野原、皆、住む家も無い人が溢れて居た時代である。 
その後、日本は高度成長期に入り家はどんどん建てられ町の様相は変わりました。
其処がどんな場所だったかなど知る由もありません、それから数十年が経過し長屋は取り壊され宅地として造成されその一画を買い家を建て希望に満ちた家族が居りました。
家が完成し新居に引っ越した頃から一家は様々な現象に悩まされて行きました。
中でもご主人を悩ませたのが頭痛である病院で薬を貰い飲んでも治りません困り果てた家族は、知人の紹介で私の所にお出に成りました。

お話しを伺い家と土地に原因があると思い相談者のお宅に参りました、家の中を回り直ぐに解りました。
床の間の所に近づくと激しい目眩を感じるのである、私は家人と相談し床下を探る事を提案した。
そして後日、工事人が床を剥がし床の間の下にあたる土を掘ったところ人骨を発見、警察に通報【鑑識が鑑定したところかなり古い人骨であり事件性は無いと判断された】
調べたところこの土地は、元墓地であり戦後の混乱期に家が建てられそのままに成って居たのである。

人骨は供養後、火葬し寺の納骨堂に安置したところご主人の頭痛は無くなり家も平穏を取り戻しました。
上記の家族に非は無いのですが新築する時は、土をいったん掘り起こし信用がおける僧侶、神主に土地のお払いをして頂く余裕を持って行う事をお勧めします。
日本は長い戦火を経験した国である事を忘れず鎮魂と供養を心掛けたいものである。
南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院
院主永作優三輝


慈竜🐲の所感

私は、家を建てる時に施工業者から土地の施工前の古い地図を見る機会がありました。

施工前の土地が田んぼだった故に、地盤が緩く地盤固めに苦慮している旨を説明があったため、古い地図を見ることが出来たわけで、通常どおり工事が施工されていたら土地の様子など気にもしていませんでした。

家の間取りも、家相を良いようにするため、極力正方形の方が良いと地鎮祭を依頼した神社の方からの勧めもありそのように行いました。

おかげさまで、可もなく不可もない生活が続いており、困ったトラブルもなく多難は小難になりました。

ご先祖様、ご神仏を意識する生活を行うと、必ずやご加護があります。

だからといって、傲慢で反省しない生活はいけません。


# by jiryu1109 | 2019-11-18 06:00

密教1288 祈祷行脚

当院は、お陰様で信徒さんも順調に増え、古くからの弟子を加えると膨大な人々であります。
中には不思議思考な者もおりますが、不思議思考といっても可愛いものである。
私が真剣に教えれば、判る程度であります。

では何故、不思議思考が誤りなのかを以下に述べて参ります。

例えば、なぜ狐や狸の霊に取り憑かれたと大騒ぎし、事件にまで発展してしまうのか。
それは、無知ゆえの誤りである。
過去に重大事件に発展した、ある出来事があります。
【加持祈祷事件。興味のある方は検索するが良かろう】

最も重要な事は、行う側の理性と智慧と経験である。
密教學は勿論だが、心霊學を疎かにする者に、真の加持祈祷は行えない。
何故か。
双方は大切な両輪なのである。

狐【野狐】狸やその他の動物霊は、本来この世に生を受けた事のない自然霊である。
だから、【情】情けという感情を持ち合わしていない。
無機質なのである。

昨今の人間界でも、多々見受けられる現象である。
人間には理性があり、學ぶ自由も選択も当然ある。
しかし、不思議思考に偏りすぎれば本質を見失い、とんでもない道に迷い込む事が多々ある。
智慧や理性を持ってしても、どうしても理解出来ない場合には私が寄り添います。

もがき苦しむ前にご相談ください。
共に考え答えを模索していきましょう。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主 永作優三輝

慈竜🐲の所感

智慧や理性を持ってしても、どうしても理解出来ない場合には、赤不動明王院に相談しましょう。

私もまだまだ理解できないことが山ほどあると思います…。




# by jiryu1109 | 2019-11-17 06:00 | ◎赤不動明王院便り

密教1287 疑心暗鬼

人間は、一度疑心暗鬼に落ち入ると、ありもしない事に怯えたり、実際に痛みを覚えたりする場合があります。
特に傾向が強く出るのが、人間が人間に対する暗示である。

解り易く言えば、呪いを掛けた掛けられたと云う事である。
今日は、呪いについての疑問に答えて参ります。
【人を呪わば穴二つ】依頼した者も同罪である!
【呪い返しは十倍返し】
そんな危険を承知で出来ますか?

密教は呪術の本家であるが、正に人をしあわせに誘う呪術である。
その反面、呪いの専門家でもある。

何故か。
正邪を合わせて學びを深めねば、本当の邪に対抗出来ないからである。
【清濁併せ持つ】
綺麗事だけでは片手落ちである。

口で言うのは簡単だが、理論だけでは到底到達出来ない事はいうまでもない。
智力、胆力、精神力の一つでも欠けていれば、極める事は不可能である。

呪いを掛けられたと信じている人は多いが、ほとんどの事例は暗示による疑心暗鬼が原因である。
しかし、人間は一度思い込むと、中々その状態から抜け出る事は難しいのも事実です。

私は、悩む人達に言います。
先ずは怖がらず、理性的に科学的に判断して下さい。

大切なお金、一生懸命に働き得たお金、詐欺やインチキに取られる前に、あなたが冷静に判断する事が大切なのです。
人を不安にしたり脅かす者は、詐欺師、インチキ霊商売である。

正しき者は、人を安心に導く様に努力をするが、悪しき者は不安を煽って商売に繋げようとします。
冷静に判断して下さい。
当院は皆さんに寄り添います。

南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院 院主 永作優三輝

慈竜🐲の所感

密教は、古武道要素がふんだんに取り込まれていると感じます。

智力、胆力、精神力、攻撃、防御…一番の肝は、密教、古武道共に命懸けで行っている事。

命懸けの加持祈祷は、効かない事はありません。

依頼者の方も、理性的、科学的、冷静に判断したが、どうしても解決出来ない場合は、赤不動明王院へ御相談しましょう。

冷やかしの依頼では効きません。依頼者も真剣になって依頼しましょう。




# by jiryu1109 | 2019-11-16 06:00 | ◎赤不動明王院便り

密教1286 選択の自由

正邪を選ぶも、自由である。
以下は私の経験談である。

私は、武術家の家系の生まれ。
幼い頃から武芸に親しんで参りました。
そのお陰で、様々な流派の総帥に師事を賜わり、将来を武術家として生きる事を約束されておりました。

しかし、運命の悪戯か20歳の時に両親が相次いで他界。
その後の私の人生は、大きく変貌を遂げる事になりました。

一時期、私は荒れました。
腕に自信もあり、ボディガードを生業にした時もあります。
その頃に出逢ったのが、今は亡き恩師である。
恩師との出逢いがなければ、私は犯罪者になっていたかもしれません。

私の恩師は、僧侶だが剣の達人であり、奥様は心底優しい方でした。
人間は出逢いによっても変わりますが、選択するのも自分なのである。

正邪選択。
他人のせいにするのは、卑怯者の言い逃れに過ぎない。
本質は全て、我が身の選択である。
辛ければ泣き、寂しければ友を求め、ひもじければ働いて糧を得る。
簡単な事である。
但し、全てを他人任にして他人を羨み、他人を呪う者に明日はない。

人生に貴賎はない。
あるのは生き方で、心根の正邪である。
母の胎内に宿り、生まれ出し頃は正に天使の誕生である。

心ある者なら、私が言いたい事はお解り頂けると考えます。
全ては自由である。
しかし、本当の自由には責任が伴う事を忘れてはならない。
それは自由ではなく、無責任である。
本気で自由を語るならば、責任主体を知る者であるべきである。

南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院 院主 永作優三輝

慈竜🐲の所感

人間は出逢いによっても変わり、選択するのも自分…

そうですよね、私も含め、皆様も今までにいくつもの出会いにより選択を行い、今があるはずです。

あの時こうしていれば、ちゃんとしておけば良かった等、後悔しても戻っては来ません。

何事も、責任感並びに反省する事を重視し、しっかり生きてしっかり寿命を全うしましょう。




# by jiryu1109 | 2019-11-15 06:00 | ◎赤不動明王院便り